写真、カメラ、グッズ、街歩き、グルメ、釣り、トレンド情報など好きなもの気まぐれに

東京monoブログ

カメラ 機材

ニコンD750の購入経緯と使用感紹介。フルサイズ一眼レフ入門にオススメ!

更新日:

ニコンのD750を購入してから1年が経ちました。

購入に当たって1か月以上悩んで、結果D750に落ち着きました。

1年使いましたが、今でもD750にして良かったと思っています。

本記事には僕がニコンのフルサイズカメラを購入するうえで検討した内容と、D750を一年使ってみての使用感をまとめました。

フルサイズ機への移行を検討中の、かつての僕と同じ悩みを持つニコンユーザーさんの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

購入経緯~DXサイズのセンサの限界・・・~

フルサイズ機への移行を本格的に検討したのは、ある出来事がきっかけでした。

DXサイズセンサのカメラであるニコンのD7000とNIKKOR16-85mmF3.5-5.6を持って、友人と星撮りに行ったときのことです。

その日は月が満月に近く、肉眼でも星が見えづらい夜でした。

星を撮影するには、星にピントを合わせないと星の輪郭を綺麗に撮影することができません。

実は星はカメラの無限遠よりもわずかに手前にピントが合う位置があるため、ライブビューで明るい星を探しながらフォーカスリングを微調し星にピントを合わせる作業が必要になります。

友人はD800+NIKKOR24-70mmF2.8の組み合わせで問題なくライブビューで星を確認できていました。

しかし、僕はというと全く星が見つけらない!一番明るい星でもダメ、ISO感度を上げてもダメ。やっと輝点を見つけたと思ったら、センサの白点という始末。

結局、ピントが合わないぼやっとした星が何となく撮れただけで、全然見れるレベル写真にはならず。。

 

DXのサイズのセンサだと画素サイズもどうしても小さくなってしまうため、センサの感度が低くなりがちです。

D7000は約5年前の機種なので、さすがにノイズの性能は最新の機種には劣ります。センサの感度が低く、ノイズが多い場合、被写体が暗いシチュエーションでは特に画質に影響を与えます。スマホのセンサで星の撮影なんて絶対に無理ですよね。

D800の友人が同じ環境でも星の撮影ができていたこともあり、この日を境にフルサイズへの移行の気持ちがどんどん強くなりました。

まあ、D7000でも日中の撮影には全く問題なく使えるので、今でも時々持ち出しては撮影しています。やっぱりDXはDXで軽くて使いやすいです。

 

フルサイズカメラの中でなぜD750を選んだか

 

当時、ニコンで購入可能なフルサイズ機種はD4、D810、Df、D750、D610の5機種。まず、入社4年目のぺーぺーのサラリーマンには、D4なんて全く手が届く代物じゃないので速攻で選択肢からなくなりました。

 

発売日、ボディ単体価格、画素数をまとめるとこんな感じ。

 D810DfD750D610
発売日2014年7月2013年11月2014年9月2013年10月
価格(2016年5月時点)254,000円228,000円177,000円125,000円
画素数3635万画素1625万画素2432万画素2426万画素
常用ISO64~12800100~12800100~12800100~6400
重さ980g765g840g850g

 

まず大きく違うのは価格ですね。予算はレンズ込みで30万円以内で考えていました。

フルサイズのレンズもまだ全く持っていない状態なのに、D810だとボディだけで予算ギリギリです。

お金のことを考えると当然安いほうがいいので、D750、D610が予算面でリードしていました。

次は、描画性能。これは、いろいろな考え方があると思います。

画素数を多くして写真の鮮明さを大事にしたD810と、最高級機種D4と同じ16Mセンサを使用し色の深みや低感度側の描画を大事にしたDf、そして、その中間にいるD750、D610。なかなか順位をつけるのは難しいと思うのですが、客観的な評価をしている機関によると、大体がD810の描画性能が一番だと言っているようです。

参考:DxOmark.com  海外のカメラ評価サイト

(あまり本題とは関係ないですけど、ニコンがキヤノンを圧倒していて気持ちがいいですね。)

描画のことを言うと、いろんなサイトで作例を見ましたが、やっぱりD810、Dfの方は魅力的な写真が多かった気がします。

絵になってしまうと、カメラマンの腕とか、編集の差とかもあって、なかなかカメラそのものの描画性能は見えてこない気もしますが、直感的に綺麗だと思う写真が多かったということは、それだけカメラそのものが劇的な瞬間を納める能力を秘めているということなんでしょうね。

あとは、D810、Dfの発売日がD750より単純に早かったがために、作例が多かったというのもあるのかもしれないです。

参考にした作例サイト

photohito   カメラ別レンズ別の作例検索ができます。

GANREF   こちらもカメラ別レンズ別の作例検索ができます。

 

D750もDfもD810もどれも特徴があって魅力的で、考えれば考えるほど選べなくなってくるんですよねぇ。私もそうでした。

でもこうやって選んでいる期間も結構楽しかった覚えがあります。

 

スポンサーリンク

決め手は機動力とキットレンズ

 

悩みに悩んだフルサイズカメラ選び。では、一体何が決め手になったのか。

悩みの渦の中にいた私は、電気屋さんに何度も通いました。何度も持ちました。ダイヤルとか、レンズを構えた感じとか何度も確認しました。

で、思ったんです、D750が一番しっくりくる!!持ちやすい!!こいつなら何年も一緒に連れてまわれるって!

D810もDfもD610も当然試してみましたが、断然D750が手になじみました。D810は自分には重く感じたし、ダイヤルはD7000でなじみがあったのでD810よりもD750が好みでした。

Dfはホールド感が自分には合わず、ダイヤルも回すのに結構手間取りましたね。慣れれば気にならなくなるのかもしれませんが。

D750は従来機種に比べ、ボディーを大幅に薄型化しているそうで、その分グリップのホールド感が全然違います。しっかり握れるので、実重量よりもだいぶ軽く感じます。

 

実際持った感じの「ホールド感」が一番の決め手だったんですが、実はもう一つ決め手になったことがあります。

それは、D750のキットレンズです。

D750の24-120mmF4レンズキットのお値段 \234,000円@2016年5月

D750のボディお値段 \177,000円@2016年5月

差額 \234,000円 - \177,000円 = \57,000円

そんでもって、24-120mmF4のお値段 \107,000円@2016年5月

なんと、D750のレンズキットなら\50,000もお得に24-120mmF4のレンズが購入できるのです。

 

D610には24-120mmF4のキットレンズがなかったため、この時点で候補から外れました。D610のボディ+24-120mmF4を買うとD750とあまり値段が変わらなくなってしまいますからね。

 

D750を一年間使った感想

ニコンD750チルト液晶

引用:ニコンホームページ D750チルト液晶。意外と便利なんです。

 

D750を手に入れてからというもの、写真撮影が楽しくて仕方ないです。ボケが綺麗だし、ISO6400くらいにしてもノイズが全然目立たないし。適当に撮ってもそれっぽい写真が撮れてしまいます。作例はこのブログでもどんどん上げていく予定ですので、D750の描写感や撮影の楽しさを感じてもらえればと思います。

あと、購入時はそんなに重要視していなかったのに、かなり便利だったのがチルト液晶です。これはほんとにあると便利。

三脚にカメラを固定して星を取るときなど、カメラが上を向くため液晶が下になってしまうんですよね。これ、普通のカメラだと、かがんでカメラの下に潜り込みながら設定を調整しないといけないからめっちゃ大変だったんです。

チルト液晶ならカメラが上を向いていても難なく液晶を見ることが可能!チルト液晶あって良かったー。

犬とか撮るときもチルト液晶重宝してます。犬目線で犬の写真を撮るときとか、チルト液晶があると狙いやすいです。動物写真を撮る方には実はチルト液晶は必須なんじゃないでしょうか。

 

加えて、購入時はそこまで意識していませんでしたが、フルサイズ機の中では小型であることも今となってはとても良い点だったと思っています。

持ち歩く際に肩にかけずにリュックに入れるときなどに、D750のボディの小ささが結構活きてきます。

海外出張に行く際にももちろんD750を持って行ったのですが、パソコン、資料、レンズ、日用品などと一緒にD750をリュックに詰め込んだのですが、特に問題なく持ち運びできました。これがD810だと少し大変だった気がします。

がっつり写真撮影、という訳ではなく普段の街歩きに頻繁に連れていきたい、という場合はD810よりD750の方が合っている気がしますね。

 

最後に

以上が私がD750を選んだ理由です。また、D750をフルサイズ入門機としてオススメする理由です。

DXサイズからステップアップ検討中のカメラ中級者の皆さん、最新機種への買い替えを検討中のニコ爺の皆さん、そして、ニコンの神レンズ14-24mmF2.8を使用したいがタメにニコンへ鞍替えを検討中のキヤノンユーザーの皆さん!ニコンD750は最高です!

是非、電気屋さんでお手に取ってみてください!

 

一年間経って、カメラの世界にどっぷり浸かってしまいました。

これからもD750と一緒に沢山お出かけして、思い出を綺麗な写真として残していきたいと思います。

 

筆者愛用のカメラグッズをまとめました。所持レンズを作例とともに紹介しています。

筆者が持っているカメラ機材を紹介します。カメラ機材は高価な物が多く購入を悩んでいる方も多いと思うので、使い勝手なども併せて紹介していきたいと思います。本記事...

 

カメラ機材関連の記事はこちら

ニコン60mmマクロレンズ

カメラ 撮影記・作例 機材

2019/9/23

写真撮影がもっと楽しくなる!ニコンの単焦点マクロレンズ60mmがおすすめ!

一眼レフユーザーにとって永遠の悩みがレンズです。 レンズによって撮れる写真が全然違う上に、価格も高いので、新しいレンズを買う時は悩みに悩むことになりますよね。 かく言う僕もレンズ購入時はめちゃくちゃ悩みます。そして悩みに悩んで購入したのがニコンのマクロレンズである AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED。 このレンズを購入してから写真撮影がめちゃくちゃ楽しくなりました。 本記事では、 AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDの購入を検討している方、マクロレ ...

ReadMore

レンズペンカーボンクリーニング

カメラ 機材

2019/9/23

カメラレンズのクリーニングにおすすめのハクバのレンズペン紹介!便利です!

カメラレンズ汚れを簡単かつ綺麗にクリーニングできるグッズとしてオススメなのが、ハクバのレンズペンです。 小型のためスペースを取らないので、僕は撮影に行くときは必ず携帯しています。 撮影先で予期せずレンズが汚れても手軽にクリーニングできるので、万全の態勢で写真撮影に臨めますよ! 使い捨てのKingのCLEANING TISSUEと組み合わせれば、レンズペンへの汚れの付着を最小限にできるのでレンズペンを長持ちさせることができますよ。最強の組み合わせです。 KingのCLEANING TISSUEの記事も書いて ...

ReadMore

ナカバヤシドライボックス

カメラ 機材

2019/9/23

カメラのカビ防止にナカバヤシのドライボックス購入!おすすめ乾燥剤、容量など

カメラやレンズは湿度の高い環境に放置しているとカビが発生してしまうため保管にも気を付けないといけません。 一度レンズにカビが生えてしまうと修理に数万かかるうえ、カビ菌が残るためまたカビが生えやすくなります。 カビが発生する湿度は60%以上ということなのでそれ以下に抑える必要があるのですが、湿度が低すぎるとクラシックカメラの蛇腹が痛んだりレンズのグリスに影響を与えるそうで、湿度は高すぎず低すぎずの状態を保つ必要があります。 湿度計のついていた方が湿度管理がしやすいので、ナカバヤシの20リットルのドライボック ...

ReadMore

D750ホールド感

カメラ 機材

2019/9/23

ニコンD750の購入経緯と使用感紹介。フルサイズ一眼レフ入門にオススメ!

ニコンのD750を購入してから1年が経ちました。 購入に当たって1か月以上悩んで、結果D750に落ち着きました。 1年使いましたが、今でもD750にして良かったと思っています。 本記事には僕がニコンのフルサイズカメラを購入するうえで検討した内容と、D750を一年使ってみての使用感をまとめました。 フルサイズ機への移行を検討中の、かつての僕と同じ悩みを持つニコンユーザーさんの参考になれば幸いです。 スポンサーリンク 目次1 購入経緯~DXサイズのセンサの限界・・・~2 フルサイズカメラの中でなぜD750を選 ...

ReadMore

クリーニングティッシュ

カメラ 機材

2019/5/12

レンズの清掃におすすめのクリーニングティッシュ紹介。スマホの手入れにも。

外出先で誤ってレンズ部(もしくは保護ガラス部)を触ってしまって、絶望したことはないでしょうか?僕は何回かやらかしています。レンズに指の油やゴミが付いた状態では、良い写真どころではなくなってしまいます。モチベーションだだ下り。 レンズについてしまった指の油はティッシュなんかでは取れにくいですし、そもそも傷が付く恐れもあるのでオススメできません。 本記事では、小分けされていて携帯に便利なレンズクリーニングティッシュを紹介します。僕も写真を撮りに行く時は必ず携帯しています。値段も50枚入りで489円なのでかなり ...

ReadMore

買って良かったカメラグッズ

カメラ グッズ 機材

2019/9/23

買って良かったおすすめカメラグッズ!レンズ掃除アイテムやソフトなど紹介します

早いもので、フルサイズ一眼レフカメラを購入して1年が経ちました。 やっぱりフルサイズは良いですね!素人が適当に写真を撮っても、それっぽく写してくれます。ホントに購入して良かった。 これからも色んなところに連れて行って、自分の納得のいく1枚の撮影を目指して精進していきたいと思います。   本記事では、この1年で購入した様々なカメラグッズの中から、買ってよかったグッズを紹介していきます。   スポンサーリンク 目次1 クリーニングティッシュ2 レンズペン3 ケーブルレリーズ4 ドライボック ...

ReadMore

三脚を使用した風景撮影

カメラ 撮影方法 機材

2019/9/23

カメラ初心者必見!三脚を使った風景の撮り方、撮影時おすすめの11の設定!

気合いを入れて一眼レフを持って行ったのに、家に帰って写真を見返して、後悔したことはないでしょうか。 被写体がボケボケ、露出が滅茶苦茶。。。 僕はやらかしてます。それも人生初の海外旅行先のトルコで(笑) 一生に一回の機会だったのに、、、ホント後悔してます。あのときの俺のバカッッ この記事では、三脚を使った風景の撮り方をまとめました。すでに三脚をお持ちの方、これから三脚撮影に挑戦してみたい方の参考になれば幸いです。   スポンサーリンク 目次1 写真保存形式はRAWとJPEGで2 画像は最大サイズで ...

ReadMore

カメラグッズ-アイキャッチ

カメラ グッズ 機材

2019/9/29

カメラ初心者必見!フルサイズ一眼レフ中級者のカメラグッズ紹介。カメラボディ、レンズ、三脚、メンテナンス道具等紹介します!

筆者が持っているカメラ機材を紹介します。 カメラ機材は高価な物が多く購入を悩んでいる方も多いと思うので、使い勝手なども併せて紹介していきたいと思います。 本記事が、皆様のカメラ機材購入の参考になれば嬉しいです。   スポンサーリンク 目次1 カメラボディ1.1 ニコン D7501.2 ニコン J52 レンズ2.1 ニコン AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR2.2 タムロン SP 15-30mm F2.8 Di VC USD ニコン用2.3 ニコン AF-S Micro ...

ReadMore

thuleバックパック

カメラ グッズ 機材

2019/9/23

スーリー(Thule)のカメラバッグを使用して2か月が経ったので使用感まとめ。

フルサイズ機のD750に移行してから、新たにレンズや三脚を購入し、撮影に行くときの装備がどんどん大がかりになってきました。 はじめは普通のリュックに24-120mmF4を付けっぱなしのD750とTamronレンズを一緒にゴチャッと入れていたのですが、歩く度にカチャカチャ聞こえるわ、カメラがバッグの底に埋もれるわで、なかなか精神衛生的に良くない。さすがにそんな扱い方をしていたらいつか壊しそうなので、カメラバッグの購入を決意しました。 カメラバッグを探してヨドバシカメラをうろついていると、ひときわ目を引くやた ...

ReadMore

並行輸入SDカード表面

カメラ グッズ 機材

2019/5/12

価格コスパ最強!並行輸入エスディーカードが届いたので性能・安全性を確認しました!

ニコンD750に買い替えてからというもの、写真撮影の機会が増えたり、1回の撮影枚数が増えたりして、いよいよ32GBのSDカードでは容量が足りなくなってきました。 良いSDカードがないか探していたとき、AMAZONで格安の並行輸入品のSDカードを見つけたので、とりあえず1つポチって性能を確認してみることにしました。   スポンサーリンク 目次1 カメラ用SDカードの基礎知識2 並行輸入SDカードが届いた3 PCからカメラへの転送速度を確認!4 カメラに入れて、連写速度を確認!5 まとめ カメラ用S ...

ReadMore

 

こちらも読まれています

-カメラ, 機材
-

Copyright© 東京monoブログ , 2019 All Rights Reserved.