写真、カメラ、グッズ、街歩き、グルメ、釣り、トレンド情報など好きなもの気まぐれに

東京monoブログ

ティップネス 健康

ティップネスの24時間店舗について徹底解説!会費やシャワーの有無まで紹介!

ティップネス(TIPNESS)は、関東を中心に展開する総合型のフィットネスジムです。

トレーニングマシンだけでなく、スタジオやプール、お風呂まで利用できるので、若年層~シニアまでの幅広い年齢層に人気があります。

 

最近、24時間型ジムの出店が相次いでいますが、

ティップネスも24時間ジムエリアが利用できる店舗が増えてきました

 

本記事では、このティップネスの24時間営業のジムについて月会費や利用方法シャワーの有無など、利用を検討するうえで気になる情報を紹介します。

 

また、「FASTGYM24」という24時間利用に特化した形態のジムもティップネスグループにありますので、最後に簡単に紹介します。

 

 

24時間ジムの実施店舗について

ティップネスの24時間ジムの店舗

 

はじめに、ティップネスの24時間ジムの実施店舗について紹介します。

 

ティップネスの24時間ジムは、全店舗で実施しているわけではありません。

実施店舗が限られているので注意が必要です。

 

2020年11月時点で、24時間ジムを実施している店舗はティップネス全61店舗中21店舗になります。

 

24時間ジムを利用できる店舗の詳細については、ティップネスの公式ページにて確認ください。

 

ティップネスの24時間店舗は現在進行形で拡大中ですので、今後の動向に注目です。

 

 

24時間利用できる設備について

ティップネスの24時間ジムで利用できる設備

 

24時間ジムを利用できるティップネス店舗では、どのような設備が24時間利用できるのか紹介します。

 

ジムエリアは24時間利用可能

まず、マシンのあるトレーニングジムエリア24時間利用可能です。

 

一方で、プール・スタジオは対象外となっています。

そのため、深夜~早朝の間は、プール・スタジオは利用できません。

 

 

プール・スタジオは24時間利用できないものの、ティップネスの24時間型店舗では、総合フィットネスクラブと24時間型ジムのそれぞれの強みを合わせた使い方ができます

 

たとえば、仕事の時間が不規則な方などは、昼間にジムを利用できるときはスタジオプログラムやプールで楽しく運動し、夜間や早朝にはジムエリアでトレーニングと言ったように、設備・時間ともに自由度高く運動することが可能です。

 

運動する時間や利用できる設備に縛られたくない方にとっては、ティップネスの24時間ジムはベストな選択肢になります。

 

 

また、総合フィットネスクラブの別の強みとしては、ジムエリアが広々しており気持ちよく運動できるメリットもあります。

これは、コンビニサイズの店舗にマシンを詰め込んだような24時間特化型のジムには無いメリットと言えるでしょう。

 

 

シャワーは深夜〜早朝は利用不可

シャワーやお風呂は深夜〜早朝の時間帯は利用できません

また、ロッカールームも使用できません

(2020年11月時点)

 

今後、利用条件が変更になる可能性もありますので、最新情報が気になる方は店舗に確認してみてください。

 

 

深夜~早朝はインストラクターがいないので注意

これは、ティップネスだけでなく、24時間特化型のジムにも言えることですが、深夜から早朝の時間帯はインストラクターが不在となります。

 

怪我や装置のトラブルを避けるために、ある程度トレーニングに慣れてから、深夜のジムを利用するようにしましょう。

 

また、深夜のジムということで、セキュリティー面でも心配される方がいるかと思います。

ティップネスは、セキュリティ面でALSOKと連携しています。

店内への入退室は専用IDカードで管理・記録、室内には監視カメラと非常用ボタンが設置されています。

万が一トラブルに巻き込まれた際も、警備スタッフがすぐに駆けつけられる体制となってるので安心です。

 

 

24時間利用の月会費について

ティップネスの24時間ジムの月会費

 

ティップネスの24時間ジム実施店舗で、追加料金をいくら払えば、24時間ジムエリアを利用できるようになるか紹介します。

 

 

実は利用料金は結構リーズナブルで、通常会員料金+500円で、24時間ジムエリアが利用できるようになります

 

下記は、東京のある店舗の会員料金の一覧になります。

プラン名通常会員の月会費24時間会員の月会費
レギュラー11,10011,600
アフター7&ホリデイ8,8009,300
アンダー308,2008,700
デイタイム8,100-
アフター58,0008,500
フレックス4(月4回まで)7,400-
セルフジム-5,500

 

どの会員料金についても、24時間ジムを利用するための追加料金が+500円であることが分かるかと思います。

 

 

【おまけ】「FASTGYM24」ティップネスグループの24時間特化ジム

FASTGYM24-ティップネスグループの24時間特化ジム

 

ここからは補足的な情報ですが、ティップネスグループに24時間特化型ジムのFASTGYM24」があるので、簡単に紹介します。

 

FASTGYM24に限らず、24時間特化型ジムの特徴でもありますが、使える設備はトレーニングマシンのみになっています。

ティップネスなどの総合型のジムのように、プールやスタジオは利用できないので注意してください。

参考までに、FASTGYM24の雰囲気がわかる写真を載せておきます。

FASTGYM24_赤羽店の様子

FASTGYM24_赤羽店の様子 引用:FASTGYM24赤羽店HP

 

FASTGYM24は、関東の駅近を中心に111店舗展開しています(2020年11月時点)

会員料金は店舗に依って異なりますが、相場は月額¥7,000程度です。

 

ティップネスに比べて料金はリーズナブルになるので、ジムではトレーニングマシンさえ使えれば十分という方には、FASTGYM24の方がオススメです。

 

FASTGYM24について興味のある方は、下記の公式ホームページから確認してみてください。

ティップネスとの併用プランなども用意されています。

FASTGYM24 公式ページ

 

 

まとめ

ティップネスの24時間ジムについて、紹介していきました。

通常会員価格+500円で24時間トレーニングマシンが使えるようになるので、時間に縛られずに自由に運動したい方は是非ティップネスの24時間ジムを利用してみてください。

 

 

2020年12月は入会キャンペーン実施中です!

  • 12月/1月の月会費:¥10,000/月 程度 ⇒ ¥3,000/月

2ヵ月間、月会費が¥3,000/月になるキャンペーン開催中です。

 

キャンペーン無しの場合に比べて、2ヵ月で14,000円程度も お得にティップネスを利用できます

 

らくらくWeb入会では、店舗で入会手続きをする際に必要となる情報を事前に入力できるので店舗での手続き時間を大幅に減らすことができます

僕も入会する際には事前にWeb手続きを済ませました。

ティップネスに入会する気持ちが固まっているのであれば、Web入会は得しかありませんのでオススメです。

TIPNESS公式ページ

 

こちらも読まれています

-ティップネス, 健康
-

Copyright© 東京monoブログ , 2020 All Rights Reserved.