写真、カメラ、グッズ、街歩き、グルメ、釣り、トレンド情報など好きなもの気まぐれに

東京monoブログ

スイス 撮影記・作例 旅行 海外旅行

【スイス観光記】シルヴァプラーナで星空タイムラプス撮影【HISツアー2日目】

この度HISのツアーを利用して、新婚旅行でスイスに行ってきました。

利用したツアーは「~憧れのスイス・4大名峰8日間~」というツアーで、アルプス4大名峰を巡りながら、ベルニナ線、氷河特急という2つの絶景列車に乗車できる6泊8日のツアーです。

 

ツアーで宿泊していた、スイスのシルヴァプラーナにあるホテル「ニラ・アルピナ」から星空のタイムラプス撮影をしてみたので、本記事で紹介します。

 

シルヴァプラーナと、ホテル「ニラ・アルピナ」については、下記記事を見てみてください。

この度、HISのツアーを利用して、新婚旅行でスイスに行ってきました。利用したツアーは「~憧れのスイス・4大名峰8日間~」というツアーで、アルプス4大名峰を巡りながら、ベルニナ線、氷河特急という2つの絶景列車に乗車できる6泊8日のツアーです。スイスの雄大な景色を見つつ、山岳リゾートでゆったりしたかったのでこのツアーを選びました。それに海外旅行にそこまで慣れていないので、添乗員さんがツアー中ずっと同行してくれるというのも魅力でした。 移動中の何気ない景色ですら絶景が続くスイスに終始感動しっぱなし...

 

では、さっそく紹介していきましょう。

 

スポンサーリンク

星空を撮影した場所

シルヴァプラーナの詳しい情報は別記事に書いてあるので、ここでは簡単に星空を撮影した場所だけ紹介したいと思います。

 

ツアーの疲れもあって夜中に外に出歩く元気はなかったので、撮影は部屋のベランダから行いました。

ニラ・アルピナの部屋の内装

この部屋のベランダから星空タイムラプス撮影を行いました。

 

部屋からは立派な岩山が見えたので、この岩山の周りを動く星空を撮影できるように画角を決めました。

シルヴァプラーナのホテル「ニラ・アルピナ」からの眺め

シルヴァプラーナのホテル「ニラ・アルピナ」からの眺め

 

星空撮影にあたり、当たり前なのですが夜を待たなくてはなりません。

僕は7月にスイスにいったのですが、7月のスイスの日没は21:30頃。星空が撮影できるくらいの暗さになるのが23時くらいでした。

朝からずっと動きっぱなしのツアーで疲れが溜まっていたので、早くカメラの設定をして寝たかったのでこの日没時間がなかなか辛かったです笑

 

シルヴァプラーナの星空タイムラプス動画

こちらが撮影した星空タイムラプス動画です。

 

ホテルが赤っぽい照明を付けていたので若干明るい環境での撮影だったのですが、それなりに星が撮れていました。

飛行機か流れ星と思われる輝線も思ったより沢山撮れていて、動画にして流れていく様子を見ると結構面白いですよね。

飛行機か流れ星が写ってました

飛行機?流れ星?

 

静止画ではそこまで分からないのですが、動画にするとノイズのちらつきが結構気になりますね。

ノイズの目立たない星空タイムラプスの設定方法をご存知の方が居ましたら、是非コメントフォームからアドバイスお願いします笑。

 

スポンサーリンク

星空タイムラプスの撮影機材と方法について

撮影機材と設定について簡単に紹介します。機材に興味の無い方は、飛ばしちゃってください。

 

撮影機材

カメラ:Nikon D750

ニコンのフルサイズ入門機です。グリップ性の良さが気に入っています。

 

レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

星を撮るなら明るいレンズということでこのレンズを使いました。画面周辺でも星がちゃんと点として写るレンズです。

値段は・・結構します汗

 

SDカード:SDXC カード 128GB  Class10

今回のスイス旅行では、写真を2000枚近く撮りました。そのうちタイムラプスだけで1000枚以上撮影しています。そのためSDカードは4枚用意しました。

 

三脚:velbon カーボン 三脚 carmagne e5400

星空は三脚に固定しないとまず撮影できません。スーツケースに入れて持って行きましたが、これが結構重かった笑。

 

リモコンレリーズ:ロワジャパン MC-DC2対応 リモコン レリーズ

タイムラプス撮影をするときの必需品です。純正品と比べると破格の安さですが、タイムラプス撮影をする上ではなんの支障もありません。

 

レンズ清掃道具

旅先でレンズが汚れてしまうと撮影に支障が出ます。もちろんスマホのカメラとか画面にも使えます。

ハクバ レンズペン
king クリーニングティッシュ

 

撮影方法

僕が今回のタイムラプス撮影を行った際の設定です。もっと良い設定もあるだろうし、その時のシチュエーションにもよるのであくまで参考までにしてください。

 

カメラの設定

  • ISO:800
  • F値:1.4
  • 露出時間:10秒
  • 撮影枚数:340枚
  • 撮影間隔:すいません。忘れました笑。

 

三脚を使った撮影方法は下記の記事に少しまとめてあります。

気合いを入れて一眼レフを持って行ったのに、家に帰って写真を見返して、後悔したことはないでしょうか。被写体がボケボケ、露出が滅茶苦茶。。。僕はやらかしてます。それも人生初の海外旅行先のトルコで(笑)一生に一回の機会だったのに、、、ホント後悔してます。あのときの俺のバカッッこの記事では、三脚を使った風景の撮り方をまとめました。すでに三脚をお持ちの方、これから三脚撮影に挑戦してみたい方の参考になれば幸いです。 写真保存形式はRAWとJPEGでSDメモリーカードの容量に余裕がある場合はRAW+JPEGで保存するよ...

 

 

まとめ

スイスのシルヴァプラーナにて撮影した星空タイムラプスについて紹介していきました。スイスは観光地ももちろん素敵ですが、星も綺麗に見えました。

 

世界遺産ベルニナ線乗車ディアボレッツァ展望台でベルニナ・アルプスの名峰観光サン・モリッツ散策、夜には星空タイムラプス撮影と、ツアー2日目はめちゃくちゃ充実した1日となりました。

スイスを新婚旅行先にして本当に良かったと思った1日でした。

 

次の記事はこちら

ツアー3日目は絶景列車氷河特急」に乗車しました!

この度HISのツアーを利用して、新婚旅行でスイスに行ってきました。利用したツアーは「~憧れのスイス・4大名峰8日間~」というツアーで、アルプス4大名峰を巡りながら、ベルニナ線、氷河特急という2つの絶景列車に乗車できる6泊8日のツアーです。ツアーの日程通り、日にち毎に記事を分けて更新しています。 3日目の予定はこちらです。 絶景列車「氷河特急」乗車 フルカ峠ドライブ ツェルマット散策 スネガ展望台でマッターホルン上空に輝く星空観賞 本記事では、絶景列車「氷河特急」について紹介していきます。&nbs...

 

「HISスイスツアーのまとめ」はこちら

HISのツアーを利用して、スイス旅行に行ってきました。日本では到底味わう事のできない壮大なアルプスの大自然と美しい景観を満喫でき、一生の思い出になる最高の旅行になりました。 本記事では、ツアーの行程に沿いながらスイスの観光地をハイライトで紹介していきます。 スイスHISツアー「~憧れのスイス・4大名峰8日間~」の概要はじめに、参加したHISツアーの概要を紹介します。 参加したツアーはHISの「~憧れのスイス・4大名峰8日間~」というツアーで、アルプス4大名峰を巡りながら、ベルニナ線、氷河特急...

 

こちらも読まれています

-スイス, 撮影記・作例, 旅行, 海外旅行
-

Copyright© 東京monoブログ , 2021 All Rights Reserved.