写真、カメラ、グッズ、街歩き、グルメ、釣り、トレンド情報など好きなもの気まぐれに

東京monoブログ

スイス 旅行 海外旅行

【スイス観光記】エギーユ・デュ・ミディ展望台から名峰モンブラン鑑賞【HISツアー5日目】

更新日:

HISの「~憧れのスイス・4大名峰8日間~」というツアーを利用して、スイスに新婚旅行に行ってきました。

このツアーは、アルプスの4大名峰を巡りながら、ベルニナ線、氷河特急という2つの絶景列車に乗車できる6泊8日のツアーです。

ツアーの行程を追うように、日にち毎に記事を分けて更新しています。

 

HISツアー5日目の予定はこちら。

ツアー5日目の予定

  • フランスの街シャモニー散策
  • エギーユ・デュ・ミディ展望台から名峰モンブラン鑑賞
  • シャモニーからグリンデルワルトへ(250km/約4時間)移動

 

本記事では、エギーユ・デュ・ミディ展望台からの名峰モンブラン鑑賞について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

エギーユ・デュ・ミディ展望台の概要

初めに、エギーユ・デュ・ミディ展望台について簡単に紹介します。

エギーユ・デュ・ミディ展望台

エギーユ・デュ・ミディ展望台 引用:wikipedia

エギーユ・デュ・ミディ」は、正午の時計の針という意味。

展望台固有の名前ではなく、エギーユ・デュ・ミディという、アルプス山脈にある、モンブラン山系の1つの山の名前です。

正午になると、太陽がこの山の頂上に見えることから、この名前がついたそうです。

 

エギーユ・デュ・ミディ展望台の標高は、3,842m

ロープウェイの発着地であるシャモニー(標高1,035m)から、途中1回ロープウェイを乗り継いで、3,777mの山頂駅に到達できます。

2,800mもの高度差を、約20分ロープウェイに乗るだけで登ってしまう訳です。

 

エギーユ・デュ・ミディ展望台 ロープウェイ料金

ロープウェイの料金ですが、往復で60ユーロになります。(日程によって価格は変動するようです。)

ツアー料金に含まれていたのでツアー中は全く意識しませんでしたが、調べてみて思ったより高かったので驚きました。ツアー料金に入っていなかったら躊躇してしまいますね。

 

スポンサーリンク

エギーユ・デュ・ミディ展望台からの名峰モンブラン鑑賞

ここから、実際に撮影した写真を交えながらエギーユ・デュ・ミディ展望台について紹介していきます。

シャモニーの街の端っこに、エギーユ・デュ・ミディ展望台へ続くロープウェイの乗り場があります。

ロープウェイ乗り場は新しくてとても綺麗!

エギーユ・デュ・ミディ展望台のロープウェー乗り場

エギーユ・デュ・ミディ展望台のロープウェイ乗り場

 

ロープウェイ乗り場から、ゴンドラが進んでいくロープが見えていました。

見たこともないような急な角度で山の上の方に伸びています。

ロープウェーは急勾配

ロープウェーは見たこともないほど急勾配

 

電光掲示板の運行状況によると、エギーユ・デュ・ミディ展望台へ向かうロープウェイは15分に1本の間隔で運行していました。運行間隔は日によって変わるようです。

ロープウェーは15分おきに動いています。

この日はロープウェイは15分おきに出発しているようでした。

 

ゴンドラ乗り場に通され、ゴンドラが来るのを待ちます。

少し待っていると、CHAMONIX(シャモニー)と書かれたゴンドラがやってきました。

ロープウェーがすれ違う様子

ゴンドラが戻ってきました

 

途中のゴンドラ乗り継ぎも含め、ロープウェイに乗ること約20分

ロープウェイの山頂駅に到着です。

冒頭に載せた写真の左下にある建物がロープウェイの山頂駅です。

エギーユ・デュ・ミディ展望台

エギーユ・デュ・ミディ展望台の山頂駅は左下の建物。 引用:wikipedia

 

ふと、山の方に目をやると、雪山の壁面を登ってくる登山隊が見えました。

雪山を登ってくる登山者もいました

雪山を登ってくる登山隊もいました

 

登山隊をズームで撮影してみました。

登山者をズームして撮影

登山隊をズーム

恐ろしいほどの傾斜の雪面を登ってます。僕の体力では登りきれない自信があります。

 

視線を上に向けると、エギーユ・デュ・ミディ展望台が見えました。

下から覗いたエギーユ・デュ・ミディ展望台

下から覗いたエギーユ・デュ・ミディ展望台

建物が岩からはみ出てますね。地震きたら展望台ごとポロッと落っこちちゃいそう。

めちゃくちゃ不安・・・
nikko

 

そしてら 、写真の右の方に建物から飛び出た部屋があるのに気づきましたでしょうか。

エギーユ・デュ・ミディ展望台名物の、3,842mの真下が見えるガラスの床です。

後ほどこの部屋についても紹介します。

 

ロープウェイの山頂駅から展望台へは、エレベーターで移動します。

 

展望台からは、アルプス山脈の壮大な景観を見ることができました。

壮大なアルプスの景観

壮大なアルプスの景観

ディアボレッツァ展望台スネガ展望台ゴルナーグラート展望台と、スイスで様々な展望台を見てきましたが、エギーユ・デュ・ミディ展望台はまた一味違います。

この展望台から見える山は、とにかく尖った険しい山が多い

別アングル

別アングルの写真。こちらも尖った山が多いです。

別アングルの写真ですが、こちらの山々も尖った山が多いです。

これらの尖った山の集まりは、針峰群と言われているそうです。

 

エギーユ・デュ・ミディ展望台の標高が高いこともあって、かなり遠くの山々まで見渡すことができます。

別アングル

超広角レンズで撮影。遠くまで見渡すことができます。

上の写真は超広角レンズで撮影しているんですが、超広角レンズで撮影した時の雲が手前に向かって広がってくる感じ結構好きです。

 

今回参加したツアーでは、初日からツアー4日目のマッターホルン鑑賞までずっと天候に恵まれていたのですが、5日目のエギーユ・デュ・ミディ展望台では、あいにくの天気になってしまいました。

別アングル

別アングルを広角レンズで撮影。雲が多い。

どんよりした天気だったのが少し残念でした。

晴れた時にどんなに気持ちの良い景色が広がっていたのか見てみたかったです。

 

真下に目を向けると、足がすくむような景色が広がっていました。

展望台のさらに下に見える地上が異世界みたい

建物のさらに下に見える地上が異世界みたい

ロープウェイの山頂駅が、岩に張り付くように建てられているのがわかります。

 

そして、建物の奥に目をやると、まるで漫画の世界のように、地上が小さく霞んで見えます。

地上といっても、標高1,035mあるんですけどね
nikko

 

展望台からの眺めを満喫したあとは、エギーユ・デュ・ミディ展望台の目玉である、ガラス床の部屋に向かいます。

ガラスの床の部屋には、観光客が列を作っていました。

飛び出たガラスの部屋には、観光客の行列。

飛び出たガラスの部屋には、観光客の列。

 

いよいよガラスの部屋が見えてきました。

ガラスの部屋はこんな感じになっています。まるで鳥になって空を飛んでいるような絶景を見ることができます。

エギーユ・デュ・ミディ展望台ガラスの部屋

エギーユ・デュ・ミディ展望台ガラスの部屋 引用:話のコレクション

 

いよいよ僕達の番。

怖すぎて摺り足でしか歩けません(笑)

自分のカメラで写真を撮る余裕は全くありませんでした

 

ちなみに、ここは靴を履いた状態でスリッパを履くように係の人に言われるのですが、英語で何を言われているのか分からず、靴を脱いだり履いたりを何度も繰り返してしまいました。

係のおばさまがかなり呆れた顔をしてました。

人があんなに呆れる顔を久し振りに見ました
nikko

 

 

展望台の中には、資料展示コーナーもありました。

エギーユ・デュ・ミディ展望台の中には展示物もありました

エギーユ・デュ・ミディ展望台の中には展示室もありました

 

結構たくさん展示物があって、意外と楽しめます。

沢山の展示品がありました

沢山の展示品がありました

 

こちらは、登山隊が出入りする雪洞。

登山者が入ってくる雪洞

登山隊が出入りする雪洞

この険しい山を登ってきた登山者は、おばちゃん達のアイドルになっていて、写真撮影を求められていました(笑)

 

展望台の滞在時間はだいたい1時間程度。短いですが、ツアーなので仕方ないですね。

あっという間でしたが、シャモニー針峰群の険しくの雄大な景色や、モンブランの美しい姿を堪能することができました。

 

お土産にエギーユ・デュ・ミディ展望台のピンバッチなども買いました。

スイスのお土産 ピンバッチ

右下がエギーユ・デュ・ミディ展望台のピンバッチ

スイスのピンバッチはカッコいいものが多いのでオススメです。

 

 

スポンサーリンク

エギーユ・デュ・ミディ展望台と高山病

エギーユ・デュ・ミディ展望台は、標高3,842mにある展望台ですので、高山病には注意が必要です。

僕もエギーユ・デュ・ミディ展望台で高山病のような症状がありました。注意喚起の意味で紹介します。

 

高山病とは

  • 高山病は、高地で酸素が欠乏することによって引き起こされる病気。
  • 標高2000メートル程度から発症することがある。
  • 症状は、頭痛のほかに、ふらつき感、食欲減退、吐き気と嘔吐、疲労、脱力、易怒性、睡眠障害など。
  • 症状は通常、24~48時間続く。

僕は、喉が詰まったような呼吸のしにくさと、頭痛がありました。

疲労感もあったので、洋服のボタンを緩めたり、椅子に座って呼吸を整えたりするようにしました。

 

ツアー添乗員さんからは、極力ゆっくり動作することを対処法として教えて頂きました。急に立ち上がったり、走ったりというのは絶対にやってはいけないそうです。

また、アルコールは急性高山病のリスクを増大させるので、高山病になる不安のある方はアルコールの摂取は控えるようにしましょう。

 

エギーユ・デュ・ミディ展望台では高山病の症状がありましたが、地上に戻るとあっという間に治りました。

地上に戻って、ロープウェイ乗り場の横で一息。

地上に戻ってきました

地上に戻ってきました。息が深く吸い込めて気持ちが良い!!

やっぱり地上は落ち着くわ
nikko

 

まとめ

モンブランの美しい姿を間近に見ることができる、エギーユ・デュ・ミディ展望台について紹介していきました。

アルプス山脈には沢山の有名な展望台がありますが、エギーユ・デュ・ミディ展望台は、他の展望台には比較にならないくらいのスリリングな体験ができます。

また、シャモニー針峰群の迫力ある景色と、モンブランの美しい姿も必見です。

 

エギーユ・デュ・ミディ展望台から帰ってきた後は、バスで4時間かけて、シャモニーからグリンデルワルトに移動しました。

 

次の記事はこちら

グリンデルワルトに着いた後は、ホテルから星空のタイムラプス動画にチャレンジしました。

ツアーの行程とは関係ありませんが是非見てみてください。

この度HISのツアーを利用して、新婚旅行でスイスに行ってきました。利用したツアーは「~憧れのスイス・4大名峰8日間~」というツアーで、アルプス4大名峰を巡りなが...

 

展望台に登る際には、高山病にも注意しましょう

スイスの展望台は3,000m以上の高さにあるものも多く、観光の際には高山病に備えておく必要があります。僕自身も、スイスの展望台に訪れた際に高山病の症状が現れました...

 

「HISスイスツアーのまとめ」はこちら

HISのツアーを利用して、スイス旅行に行ってきました。日本では到底味わう事のできない壮大なアルプスの大自然と美しい景観を満喫でき、一生の思い出になる最高の旅行に...

 

こちらも読まれています

-スイス, 旅行, 海外旅行
-

Copyright© 東京monoブログ , 2019 All Rights Reserved.