写真、カメラ、グッズ、街歩き、グルメ、釣り、トレンド情報など好きなもの気まぐれに

東京monoブログ

スイス 旅行 海外旅行

【スイス観光記】サンモリッツ散策【HISツアー2日目】

更新日:

この度HISのツアーを利用して、新婚旅行でスイスに行ってきました。

利用したツアーは「~憧れのスイス・4大名峰8日間~」というツアーで、アルプス4大名峰を巡りながら、ベルニナ線、氷河特急という2つの絶景列車に乗車できる6泊8日のツアーです。

ツアーの日程通り、日にち毎に記事を分けて更新しています。

2日目の予定は

  • 世界遺産「レーティッシュ鉄道ベルニナ線」乗車
  • ディアヴォレッツァ展望台で氷河とベルニナ・アルプス観光
  • 世界のVIP御用達のリゾート地サン・モリッツ散策

でした。内容が盛り沢山なので、それぞれ記事を分けて紹介します。

 

本記事では、世界のVIP御用達のリゾート地「サン・モリッツ」自由散策について紹介していきます。

 

1日目から読みたい方は、下記リンクをどうぞ

この度、HISのツアーを利用して、新婚旅行でスイスに行ってきました。利用したツアーは「~憧れのスイス・4大名峰8日間~」というツアーで、アルプス4大名峰を巡りな...

では、さっそく紹介していきましょう。

 

スポンサーリンク

サン・モリッツの概要

サン・モリッツについて

サン・モリッツは、美しい湖とベルニナ・アルプスの名峰に囲まれたマウンテンリゾートです。年間320日以上も晴れるそうで、街のシンボルも「太陽」になっています。

また、サン・モリッツは世界のVIPが集うスイスきっての高級リゾート地であり、街には5つ星ホテルや有名ブランドショップが立ち並んでいます。

本サイトでも紹介していますが、スイスの魅力を凝縮した絶景列車である「氷河特急」「ベルニナ特急」の発着点でもあります。

 

また、サン・モリッツは、1928年と1948年の過去2回の冬季オリンピックをはじめ、数多くのアルペンスキーやボブスレー国際大会が開催されてきたウィンタースポーツの聖地という顔も持っています。

 

ベルニナアルプスの名峰・氷河観光、世界的に有名な絶景列車、そしてスポーツの聖地と、世界の最高峰が集まった街が「サン・モリッツ」なのです。

 

サン・モリッツの歴史

サン・モリッツという街の名前は、かつてこの地にやってきたローマ兵「セント・モウリッツォ」が殉死し、その兵を聖人として崇めたところからきているそうです。

今や世界的に有名なウィンターリゾートであるサン・モリッツですが、その誕生はあるホテル経営者の賭けでした。

ホテル経営者のキャスパー・バドラットは、クルムのゲストハウスに避暑に訪れていた裕福なイギリス人の宿泊客たちに対し、いつもより滞在を延ばして、冬のスイスアルプスも楽しめるかどうかを賭けてみないかと持ちかけました。

バドラットは、楽しめなければ宿泊料金を返すと申し出たのです。

賭けは、バドラットの勝利となりました。以降、ウィンターリゾートしてサン・モリッツを気に入ったイギリスのVIP達により、口コミでサン・モリッツの評判が伝わり、世界随一のリゾート地として有名になっていったのです。

1896年、2軒目の物件を購入したバドラット家は中古ホテルを購入し、「バドラッツ・パレス(Badrutt's Palace)」と名付けました。壮大なタワーの増築を含む大規模な改装の末に誕生した建物は、その名に劣らぬ贅沢な造りで、現在ではサンモリッツの代表的な歴史的建造物となっています。

その他の高級ホテルも後に続き、現在では、クルム・アンド・パレス(Kulm and Palace)、カールトン(Carlton)、スヴレッタハウス(Suvretta House)、2002年に新装オープンしたケンピンスキー(Kempinski)を含めた5軒の高級ホテルが立ち並びます。

サン・モリッツの歴史についてはサイト「BALLY」様を参考にさせて頂きました。

 

スポンサーリンク

サン・モリッツ自由散策

サン・モリッツ駅周辺

ディアボレッツァ展望台でベルニナ・アルプスを観光した後に、ツアー専用バスで連れてきてもらったのが、サン・モリッツ駅です。

この駅が、氷河特急やベルニナ線の乗車駅になっています。

サンモリッツ駅

サン・モリッツ駅。この駅から世界遺産ベルニナ線に乗車しました。

 

この写真でも分かるのですが、スイスはだいたい街のすぐ後ろにめちゃくちゃ高い険しい岩山があります。

さすが、山岳国家。

 

サン・モリッツ駅のすぐ近くには、サン・モリッツ湖があります。

静かでとても美しい湖でした。この湖の後ろにも立派な山が見えます。

サンモリッツから望むシルヴァプラーナ湖

サンモリッツ湖

 

日本にこんな素敵な湖があったら、間違いなく多くの観光客で賑わう観光地になってますね。

 

学校広場

ツアーの添乗員さんにサン・モリッツの中心部にある学校広場と呼ばれる広場まで連れてって行ってもらい、この広場から自由散策開始となりました。

スイスに来て初めての自由散策なので、めっちゃ楽しみでした。

 

こちらは、学校広場にあった建物。何の建物かは分かりません笑

サンモリッツ 学校広場

学校広場に建っていた綺麗な建物

 

広角レンズで広場の写真を撮っておけば、と後悔。

きっと朝から動きっぱなしでレンズ交換をするほどの元気が無かったのでしょう。建物の写真しか撮ってませんでした。。

 

電光掲示板が回っている、なんだか近代的な建物もありました。

サン・モリッツ 学校広場

学校広場にあった近代的な建物

 

こちらは、公園広場の近くにあった雑貨屋さん。

サンモリッツの雑貨店wega

公園広場近くの雑貨店wega

 

店内には色々なスイス雑貨が売っていました。

「wega」では様々なスイス土産が売っていました

「wega」では様々なスイス土産が売っていました

 

スイスからポストカードを国際郵便で送りたかったのですが、ここの雑貨屋の店員さんが優しくポストカードの送り方を教えてくれました。

こちらのおぼつかない英語を頑張って聞いてくれた店員さんに感謝です。

ここの店員さんに限らず、スイス人は優しい方が多かったです。

 

雑貨屋「wega」では、サン・モリッツという都市の魅力が凝縮されたようなマグネットを買うことができました。

サンモリッツの雑貨屋「wega」で買ったマグネット

サンモリッツの雑貨屋「wega」で買ったマグネット

 

マグネットは今もうちの冷蔵庫に貼ってあります。

このマグネットを見てスイス旅行のことを思い出しては、もう一度行きたい気持ちになっています笑

 

スポンサーリンク

ヴィア・ザーラス通り(via Serlas)

こちらは高級店が立ち並ぶ「ヴィア・ザーラス通り」です。

高級店が立ち並ぶ「ヴィア・ザーラス」通り

高級店が立ち並ぶ「ヴィア・ザーラス」通り

 

ヴィア・ザーラス通り(via Serlas)

別アングルのヴィア・ザーラス通り(via Serlas)

 

この「ヴィア・ザーラス通り」には、オードリーヘプバーン主演の映画「シャレード」の舞台となった、5つ星ホテル「Badrutt's Palace」があります。

冒頭で紹介した、サン・モリッツを世界的に有名にしたホテル経営者キャスパー・バドラットが建てたホテルです。

5つ星ホテル「Badrutt's Palace」。オードリー・ヘプバーン主演の映画「シャレード」にも出た名門ホテル

5つ星ホテル「Badrutt's Palace」。オードリー・ヘプバーン主演の映画「シャレード」の舞台となった名門ホテル

 

5つ星ホテル「Badrutt's Palace」。オードリー・ヘプバーン主演の映画「シャレード」にも出た名門ホテル

5つ星ホテル「Badrutt's Palace」を別アングルから撮影。

 

めちゃくちゃ存在感のあるホテルですよね。ホテルの中に入ってみたかったです。

 

ヴィア・ザーラス通りから、公園広場に向かう道。綺麗な建物ばかりでした。

沢山の観光客で賑わっていました

通りは沢山の観光客で賑わっていました

 

人がいなくなったタイミングを見計らって、トンネルを抜けた先から写真を撮ってみました。

綺麗な黄色の車が停まっていたので、黄色い車以外の彩度を落としてみました。

車の黄色が映えるように、モノクロにしてみた

車の黄色が映えるように、モノクロにしてみた

 

自由散策の時間が1時間と限られていたので、サン・モリッツが世界的な保養地として有名になるきっかけとなった「クルム・ホテル」を見に行ってみました。

 

スポンサーリンク

クルム・ホテル

こちらが、サン・モリッツ発展のきっかけとなったクルム・ホテル。

先ほどのBadrutt's Palaceほどの派手さはありませんが、清潔感があって品のある佇まいのホテルでした。こちらのクルム・ホテルも5つ星ホテルになります。

サン・モリッツ発展のきっかけとなった5つ星ホテル「クルム・ホテル」

サン・モリッツ発展のきっかけとなった5つ星ホテル「クルム・ホテル」

 

鮮やかな紫色の花が印象的だったので、撮影してみました。

サン・モリッツ発展のきっかけとなった5つ星ホテル「クルム・ホテル」

5つ星ホテル「クルム・ホテル」に飾ってあった花。

 

サン・モリッツの歴史を知らなければただの綺麗なホテルだなぁという感想で終わったかもしれませんが、このホテルがあるから今のサン・モリッツがあると思うとなかなか感慨深いものがありますね。先ほどのBadrutt's Palaceと比べたらシンプルな作りですが、見た目以上の力強さを感じました。

 

その他の写真

ここからはギャラリー的に、適当に撮った写真を載せておきます。

 

スイスの郵便ポスト。

郵便ポスト

 

サン・モリッツの絵。

サン・モリッツの絵

駅からドルフ地方に行く途中の駐車場にあった、サン・モリッツの絵

 

サン・モリッツの道路。こんな道で運転できたら気持ち良いでしょうねぇ。

サン・モリッツの道路

サン・モリッツの道路

 

サン・モリッツの都心部から望んだ、サン・モリッツ湖と山々の景色。

こんな景色を見ながら、朝からオープンテラスのカフェでコーヒーを飲みたいです。

サン・モリッツ湖

街から望むサン・モリッツ湖と山々

 

 

自由散策の時間が1時間しかなかったので、あまりゆっくり散策できませんでした。1日ゆっくり観光したかったです。

 

スポンサーリンク

時間があれば行きたかった場所

ここからは、時間があったら行きたかったサン・モリッツの観光地を少し紹介します。

 

エンガディン博物館

サン・モリッツを含むエンガディン地方の16~19世紀の生活様式を展示した博物館。

当時のキッチンや客間が忠実に再現されているそうです。

 

エンガディン博物館

エンガディン博物館

 

写真はこちらのサイトから借りて来ました。

 

セガンティーニ博物館

イタリアで産まれ、スイスに移住し、人生最後の5年間をエンガディン地方で過ごした芸術家セガンティー二の作品が展示されている美術館。

セガンティー二はアルプスの自然とそこに暮らす人々の生活の様子を描き続けたそうです。

代表作の「生」「自然」「死」には自然と美しく調和した人間が見事に描かれているそうです。

セガンティーニ美術館

セガンティーニ美術館

写真はスイス政府観光局のHPから借りてきました。

 

洋菓子店ハンゼルマン

オードリー・ヘップバーンやダイアナ妃も通ったカフェとして、世界中に知られている洋菓子店だそうです。1894年創業で歴史のあるお店とのこと。

ハンゼルマン

老舗洋菓子店「ハンゼルマン」

画像はLineトラベルのHPから借りてきました。

 

まとめ

 

世界のVIP御用達のリゾート地「サン・モリッツ」について、紹介していきました。

 

世界遺産ベルニナ線乗車ディアボレッツァ展望台でベルニナ・アルプスの名峰観光、そしてサン・モリッツ散策と、ツアー2日目はめちゃくちゃ充実した1日となりました。

スイスを新婚旅行先にして本当に良かったと思った1日でした。

 

ホテルに戻った後は、部屋のベランダから星空撮影に臨みました。興味ある方は是非見てみてください。

この度HISのツアーを利用して、新婚旅行でスイスに行ってきました。利用したツアーは「~憧れのスイス・4大名峰8日間~」というツアーで、アルプス4大名峰を巡りなが...

 

 

海外旅行の忘れ物は無いですか?旅行に役立つ便利グッズも載せているので、下記記事も見てみてください。

1人の海外出張・旅行では、旅先で何が起きても頼ることができるのは自分の力のみです。僕自身も1人で海外に出張に行ったことがあるので、その経験も踏まえ1人で海外...

 

スポンサーリンク

-スイス, 旅行, 海外旅行
-

Copyright© 東京monoブログ , 2019 All Rights Reserved.