写真、カメラ、グッズ、街歩き、グルメ、釣り、トレンド情報など好きなもの気まぐれに

東京monoブログ

スイス 旅行 海外旅行

スイスの公用語は何語?スイスの観光地で英語は通じる?スイスの言語事情についてまとめました。

更新日:

北はドイツ、西はフランス、南はイタリア、東はオーストリアとリヒテンシュタインと隣接するスイス。

スイスは周辺を多くの国に囲まれる内陸国であるため、国内で使用される言語・公用語も様々です。

 

本記事では、スイスの公用語を中心に、スイスの言語事情についてまとめました

また、スイスの観光地で英語が通じるかについても、筆者の実際の体験を踏まえて紹介しています。

 

本記事を通して、皆様のスイスへの理解が深まれば幸いです。

 

スポンサーリンク

スイスの公用語、言語について

スイスの地域別公用語

スイスの公用語 引用:たびこふれ

 

スイスには公用語が4つあります

公用語として話されている割合としては、ドイツ語が最も多く、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語と続きます。

 

スイスで話されている公用語の割合は下記の通り。

スイスの公用語の割合

  • ドイツ語 : 64%
  • フランス語 : 20%
  • イタリア語 : 6.5%
  • ロマンシュ語 : 0.5%
  • その他 : 9%

 

公用語として最も割合が小さいロマンシュ語は、かつてのローマ帝国時代にアルプスの山岳地帯に住んでいた原住民の言語になります。

現在は、南東部のごく一部、アルプスの山麓部でしか使用されておらず、公用語として使用している方も高齢になっているため、言語として消滅の危機に瀕している状態です。

スイス政府は、ロマンシュ語の言語としての保存に努めています。

 

 

スポンサーリンク

スイスで英語は通じるか

グリンデルワルトの街並み

スイスの観光地「グリンデルワルト」の街並み

 

結論から言うと、スイスの観光地では英語は問題なく通じます

 

スイスは世界中から観光客が集まる、世界的に有名な観光地です。

そのため、公用語として最も多くの国で使用されている英語も、スイスのホテルやレストランでは問題なく通じることが多いです。

 

近年では、ドイツ語圏の教育現場でも、フランス語やイタリア語よりも英語を優先して教えることが多くなっているそうです。

 

ちなみに、筆者が実際にスイスに行った際には、ドイツ語もフランス語も全く分からない状態でもなんとかなりました。

ちなみに英語もそんなにできません笑
nikko

 

 

まとめ

スイスの言語・公用語事情について紹介していきました。

ドイツ語が最も話されている言語ではありますが、観光地では問題なく英語が通じます

一緒にツアーに参加したおばちゃんは、日本語とボディランゲージでコミュニケーションとっていました笑
nikko

 

本記事を通して、皆さまのスイスの言語・公用語に対する理解が深まれば幸いです。

 

こちらも読まれています

-スイス, 旅行, 海外旅行
-

Copyright© 東京monoブログ , 2019 All Rights Reserved.