東京monoブログ

写真、カメラ、グッズ、街歩き、グルメ、釣り、トレンド情報など好きなもの気まぐれに

グルメ

博多の人気ラーメン店「一幸舎」の本店に行ってきました。泡系ラーメン初体験です

Pocket

出張で九州に行く機会があったので、博多ラーメンの人気店「一幸舎」の本店に行ってきました。

一幸舎のラーメンは泡系と言われるジャンルのだそうで、僕は今回初めての泡系ラーメンでした。

泡系ラーメンを知らない人も多いので、本記事で、知られざる泡系ラーメンの魅力もお伝えできればと思います。

 

なお、今回は一眼レフカメラを持っていなかったため、スマホでの撮影になります。スマホ画質なのであまり綺麗ではありませんがご容赦ください。

 

スポンサーリンク

一幸舎本店の基本情報

「泡系ラーメン」という言葉を初めて聞いた方のために、一幸舎のラーメンへのこだわりを紹介します。

画像は一幸舎のHPから拝借しました。

泡系ラーメンとは?一幸舎のラーメンへのこだわり

一幸舎のラーメンは「」「スープ」「チャーシュー」にこだわった本物のとんこつラーメンとのこと。

一幸舎のラーメンのこだわり

一幸舎のラーメンのこだわり

 

まずは、「泡系ラーメン」と呼ばれる所以ともなっているスープ。

一幸舎のスープのこだわり

一幸舎のスープのこだわり

 

スープを作るのに、大量の豚の頭・背骨・丸骨を、骨が砕けるまで強火で炊き続けているみたいです。スープが熟す度に、新しいスープと骨を加えながら旨味を凝縮しています。

泡系の「泡」は、脂と水が合わさることできめ細やかになるそうです。

 

細麺でありながら小麦本来のもっちり感を生み出すために、自社の製麺工場も立ち上げたそうです。こだわりのために工場を立ち上げてしまうなんて、他のお店には真似できないですね。

一幸舎の麺のこだわり

一幸舎の麺のこだわり

 

チャーシューはラーメンとの相性を最優先に考えて、赤身と脂身のバランスの良い肩ロースを厳選しているそうです。ブロックのチャーシューめちゃめちゃ旨そうですね。このまま売ってほしい。

一幸舎のチャーシューのこだわり

一幸舎のチャーシューのこだわり

 

チャーシューのタレは、3種類の醤油と5種類のダシをブレンドして作っているそう。ますます、チャーシューブロックが欲しくなりました。

一幸舎のタレのこだわり

一幸舎のタレのこだわり

 

こだわり満載の一幸舎のラーメン。期待が膨らみます。

 

一幸舎博多本店のアクセス

今回訪れた一幸舎の博多本店は、博多駅から徒歩3分の場所にあります。

 

今回は、博多本店について紹介していますが、都内にも「一幸舎」はあります。

気になった方は、是非一幸舎のホームページで店舗を検索してみてください。

 

一幸舎博多本店の外観

店舗の外観を紹介します。

会社の人と一緒にいたため狙ったアングルから写真が撮れず、だいぶ適当な外観写真になってしまっています(笑)

一幸舎博多本店の外観

一幸舎博多本店の外観。スマホ画質の上に、変な角度から撮影してしまいました。

 

外観は普通のラーメン屋さんですね。

白い壁に赤い看板が目印です。壁に沢山通気口があるのは、匂いでお客さんを集める作戦でしょうかね。

 

一幸舎博多本店の内観

一幸舎博多本店の店内の様子です。

内観もよくあるラーメン屋さんの雰囲気です。

ひときわ目をひくのが「元祖泡系」の文字!やはり泡系を激プッシュしているようです。これは期待!

一幸舎博多本店の内観

一幸舎博多本店の内観。気になる元祖泡系の文字。

 

ラーメンスープは大きく3種類。基本は豚骨で、その他に、豚骨に自家製マー油(焦がしニンニク)を入れた「黒」、豚骨にピリ辛の海鮮油を加えた「赤」があります。

一幸舎博多本店。3種類のラーメン。

店内にはラーメンの写真が貼ってあります。ラーメンは大きく3種類。どれにするか悩みます。

 

ラーメンスープの種類を把握したところで、食券機の前に進みます。

 

スポンサーリンク

一幸舎本店の味玉ラーメン実食レビュー

メニューや価格が分かりやすいので、食券機の写真も載せておきます。

文字が小さいと思うので、クリックして拡大して見てください。

なお、メニューは2017年8月時点での博多本店のメニューなので注意してくださいね。

一幸舎博多本店の券売機

券売機で食券を購入。1番人気の味玉ラーメンにしました。

 

悩んだ挙句、定番の味玉ラーメンにしました。

やっぱり初めてのお店では、そのお店の1番を食べないと、ですからね。

 

少し待っていると、届きました!味玉ラーメン!

泡系の名前のとおり、表面は細かい泡で覆われています。

一幸舎の味玉ラーメン

味玉ラーメンが到着

 

具材は一般的な博多ラーメンで、青ネギとチャーシューになっています。

 

泡感を伝えるために、箸をスーパーに浸けてみました。

箸の先端あたりが泡で覆われている様子が伝わりますでしょうか?とにかく泡泡でした。

一幸舎の味玉ラーメン

泡系ということで、泡感が伝わるように箸を沈めてみました。泡の濃さが伝わるでしょうか。

 

この泡が、脂と水が混ざることで産まれるキメ細かい泡ってやつですね。

 

麺は博多ラーメンらしく、細いストレート麺。

一幸舎の麺

麺はやや細めのストレート麺

 

小麦本来のもちっとした食感が残っていて、スルスル入るのに食べた感がありました。

スープはというと、味が決して濃い訳ではないのに濃厚な味わいです。不思議な美味しさでした。

とにかく美味しくて、あっという間に完食。

一幸舎の味玉ラーメン

完食しました。美味しかったー。

 

他にはない博多ラーメンだったので、博多ラーメン好きの方は是非一度試してみてください。

 

お家で一幸舎のラーメンを楽しみたい方へ

一幸舎のラーメンはお家でも楽しめます。

近くに一幸舎がなくて、どうしても一幸舎のラーメンが食べたい方は是非お試しあれ。

 

まとめ

博多ラーメンの人気店、一幸舎の博多本店について紹介していきました。

 

お店はよくあるラーメン屋さんという感じで、そんなに特別感はなかったのですが、ラーメンは今まで食べたことのないような深みのある味でした。

博多ラーメン好きの方、東京にも店舗はあるので、是非お近くの一幸舎に行ってみてください。

 

スポンサーリンク

Pocket

-グルメ
-,