東京monoブログ

写真、カメラ、グッズ、街歩き、グルメ、釣り、トレンド情報など好きなもの気まぐれに

ブログ運営

WordPress広告の場所設定はショートコードがおすすめ!記事内配置も簡単

2016/07/05

Pocket

広告の配置場所クリック率がまったく異なるというのは有名な話です。

当然WordPressブログ運営においても広告配置の最適化は避けては通れない道なのです。

僕も複数の方法を試してみましたが、結局一番簡単でカスタマイズ性が良かったのがショートコードを使用する方法だったので、備忘録を兼ねて記載しておきたいと思います。

 

ちなみに、WordPress用のGoogle公式のAdSenseプラグインもあるのですが、あれは結構ひどかった(笑)

直感的にAdSense広告を入れる場所を指定できるところは非常に分かり易くていいのですが、記事内の広告場所指定は全然ダメです。文と文の間とかの明らかにおかしな場所に入ったりするので、すぐに消しました。

2016年6月時点の話なので今後はもっと良くなるかもしれませんが。。今後に期待ですね。

 

スポンサーリンク

ショートコード記載方法

コマンド

 

コードは至ってシンプルです。

function.phpの一番下に下記コードをコピペするだけです。


function showad() {
return '<div class="adstyle">;
//ここにアドセンスのコードを上書き
</div>';
}

add_shortcode('wordad', 'showad');

 

functionで関数(この場合showad)を定義してあげて、そのshowadという関数をwordadという名前のショートコードで呼び出してあげるという仕組みです。

つまり、記事の本文に[wordad]と記載するだけで、上記コードに貼りつけた広告が読み出されます。これで、自分の好きな位置に簡単に広告が貼れます。

また、return '<div class="adstyle">; ~ </div>の部分は記述しなくても良いのですが、ここで書いておくとデザインを変えるときに便利なので一応書いておきました。

 

※function.phpをいじる時は、必ずバックアップを取るようにしてください!僕も何度かやらかしていますが、function.phpはちょっとミスをするだけで管理画面にログインすることすらできなくなります。

管理画面にログインできなくなった場合は、下記記事を参考に対処してみてください。

function.phpの書換えで管理画面にログインできない場合の対処法
function.phpの編集をミスると、WordPressの管理画面にすらログインできなくなります。僕も何回かやったことありますが、これ初めてだとめっちゃくちゃ焦ります。血の気...

 

スポンサーリンク

ユーザー辞書を使って簡単に呼び出す

ユーザー辞書の機能を使えば、予測変換から簡単に広告を呼び出せるようになります。

 

まず、タスクバーの言語入力のボタンを右クリックします。

デスクトップ

 

次にユーザー辞書ツールをクリックします。

デスクトップ2

 

ユーザー辞書ツール内の「登録」をクリックします。

ユーザー辞書ツール

 

「単語」の欄に先ほどのショートコード、「よみ」の欄に予測変換の対象となる読み仮名を入力します。

また、「品詞」は短縮読みを選択します。

入力が終わったら、「登録」を押します。

単語の登録

 

以上の手順で単語の登録を行うと、予測変換にショートコードが表示されるようになります。

簡単に作業効率がアップするので試してみてください。

予測変換

 

さいごに

ショートコードを使用すれば、簡単に記事内の好きな位置に広告を配置することができます。

記事数が膨大な量な場合はオススメできない手法ですが、実験的に試行錯誤しながら自分の最適な広告配置を探っている段階であれば最も強力な手法だと思います。

AdSense以外の様々広告もショートコード化すると便利なので、是非実践してみてください。

 

スポンサーリンク

Pocket

-ブログ運営
-