東京monoブログ

写真、カメラ、グッズ、街歩き、グルメ、釣り、トレンド情報など好きなもの気まぐれに

ブログ運営

function.phpの書換えで管理画面にログインできない場合の対処法

Pocket

function.phpの編集をミスると、WordPressの管理画面にすらログインできなくなります。

僕も何回かやったことありますが、これ初めてだとめっちゃくちゃ焦ります。血の気がひいたのが分かりました。

このブログにもfunction.phpのカスタマイズ記事を載せているので、万が一に備えて対処法を記載しておきます。

 

スポンサーリンク

用意するツール

ミニチュアキーボード

 

管理画面にログインできないわけなので、直接WordPressが格納されているサーバーまで行って、function.phpを直さなくてはいけません。

それを可能にするソフトが、FTPクライアントソフトです。

僕はWindowsを使用している為、FFFTPというフリーソフトを使用しています。FTPクライアントソフトの中では定番中の定番ソフトなのでWindowsユーザーはFFFTPを使用しておけば間違いないです。

設定方法は、ネットで調べればすぐ出てくると思いますが、契約しているサーバーにも設定方法が載っていることが多いのでそちらを参考にするのもありです。

ちなみに僕が使用しているロリポップにもFTPクライアントソフトの設定方法が載っています。


FTPソフトを用いてfunction.phpを修正する手順

上記で設定したFTPクライアントソフトを立ち上げ、サーバーに接続します。

下は、FFFTPを使用した例。

FFFTP

 

接続が上手くいくと、サーバーに格納されたフォルダが表示されます。

そこから、wp-content → theme → 「自分が使用しているテーマ」の順にクリックしていくと、WordPressのテーマの編集に表示される、コマンドファイルが格納されていると思います。

そこから、function.phpをローカルに落としてきて、誤り個所を修正後またサーバーの元の場所に上書きしてあげれば、ログインできない状態から回復するはずです。

 

まとめ

function.phpをカスタマイズする記事を書いているので、責任として修正方法を書きました。

きっと、コピペに失敗したりアレンジに失敗する人いるはずですからね。

僕も何度も管理画面に入れなくなっていますが、恐怖を感じたのは初めだけです。今回記載したFTPクライアントソフトの修正方法さえ身につけてしまえば修正は余裕なので、結構強気で編集しています(笑)

本記事を参考に、修復方法を身につけていただき、ガンガンfunction.phpの編集にチャレンジしてください!ただし、バックアップは必ず取ってくださいね!

スポンサーリンク

Pocket

-ブログ運営
-